ここでは最初にマウスピースでバズィングをするところから始めます。このときの目標は、ほんの少しの息でも反応するような敏感な唇を作る、ということです。

まずマウスピースを唇に当てますが、ただ普通に閉じている状態=普通に黙っている状態の唇にマウスピースを当てます。これが前述の「0」の状態です。アンブシュアを作る必要はありません。

当てる場所もとりあえず心地よいところにあてればよいです。当てるだけですから、まだ口に力は入っていません。この状態で息を出し、バズィングします。

ゼロの状態から息を吹きこむとき、実際には誰しもマウスピースをある程度唇に押し付けたり、唇に何らかの力を入れることになります。しかし、それを意識的に、あらかじめ行わないことが大切です。息が脇から漏れることなくマウスピースの中へ流れるための、最小限の力を使うわけですが、それを体が自動的に行ってくれる範囲だけで行うのです。

この「体が自動的に行ってくれる範囲」の力という考え方は、楽器を吹く上でずっとついてまわるとても大事な事柄です。


長倉穣司 (トランペット奏者) Webサイト

2-(1) ゼロの状態からバズィングを試みる

ここでは最初にマウスピースでバズィングをするところから始めます。このときの目標は、ほんの少しの息でも反応するような敏感な唇を作る、ということです。

まずマウスピースを唇に当てますが、ただ普通に閉じている状態=普通に黙っている状態の唇にマウスピースを当てます。これが前述の「0」の状態です。アンブシュアを作る必要はありません。

当てる場所もとりあえず心地よいところにあてればよいです。当てるだけですから、まだ口に力は入っていません。この状態で息を出し、バズィングします。

ゼロの状態から息を吹きこむとき、実際には誰しもマウスピースをある程度唇に押し付けたり、唇に何らかの力を入れることになります。しかし、それを意識的に、あらかじめ行わないことが大切です。息が脇から漏れることなくマウスピースの中へ流れるための、最小限の力を使うわけですが、それを体が自動的に行ってくれる範囲だけで行うのです。

この「体が自動的に行ってくれる範囲」の力という考え方は、楽器を吹く上でずっとついてまわるとても大事な事柄です。