楽譜「ウォーミングアップ」のC~D

ここでは、音の間隔が半音、全音~と徐々に広がっていきます。「4ロングトーン(半音の動き)」でも説明した「音域にかかわらず同じアンブッシュアで吹くこと(ダブルアンブッシュアにならないこと)」を実現するための訓練をさらに進めます。

音量は引き続き mp です。やはりメトロノームとチューナーを使用し、テンポと音程を正確に行います。

注意すべきことは、音の間が広がっていってもアンブッシュアを変えない、ということです。

半音の動きにくらべ音の間隔が広い分、特に下の音に行った時にアンブッシュアを変えることに頼っていたり、あるいは口の周辺の筋肉を緩めてしまう人がいます。これを極力出だしの音と同じ状態で下の音も吹くように心がけます。

トランペットにおける唇は、木管楽器でいうリードです。リードがずれたり動いたりしては、音がきちんと出ません。

舌は前述したとおり、基本的には高い位置(出だしの位置)のまま変えないイメージを持つことことが重要です。音程を変えるとき、現実には舌の移動が必要ですが、しかし、それを意識的に大きく動かし過ぎてはいけません。例えば、低い音を出すのに、舌を極端に低くして口の中を広げ過ぎてはいけません。ロートーンにおいても必ず舌を高い位置にすることが重要です。

運指や舌以外にも、体の何かが変化しなければ音は変わりません。音が下がったときに体にも何らかの変化が起こっているはずです。しかし、それを意識したり、またあらかじめ行ってはいけないのです。音を変えたいと思った時、音が変わるのに必要最低限の変化を体が自動的に行ってくれます。それを極力少しの動きで行うようにしたい、というのがこのパートの目的です。

半音であれば、こうしたことをあまり意識せずに行いやすいはずです。それを、音の間隔を徐々に広げながら、音の間が広くなっても半音の時と同じような変化でできるようになることが、ここでの目標です。あたかもずっと同じ音を吹いているかのような感じで吹けるようにしたいのです。

吹き方を変えないのと同時に、音色も音の上下にかかわらず、同じように保って吹くことが大切です。キーボードで音が変わっても、音のテンションや音色は変わらないのと同じように、演奏(音楽)では下に行ったから低い音の音色、高い音はまた別の音色という風にはならないようにしなければなりません。そのためにも、音域によって吹き方を変えないことが重要なのです。

なお、フレーズをワンブレスで吹き通せないときは、間でブレスを取って構いません。曲の中のブレスのようにテンポの中でブレスを取る必要はなく、息がなくなった所で一度中断して、必要なだけ時間をかけてブレスをして、またメトロノームに合わせて続きを始めます。

唇が効率よく振動しているときほど、よく響く綺麗な音になります。効率よくきれいな音が出せるようになるほど、ブレスが節約され、ワンブレスで吹ける長さが次第に長くなってきます。最終的にはこのフレーズもワンブレスでできる可能性があります。(現にできる人もいます。)効率よく音を出せているかどうかの、一つのバロメーターになります。

楽譜部分ををクリックすると拡大表示します。
2.インターバル 譜例
以下の楽譜は省略してあります。「楽譜「2.インターバル」のページを参照してください。

長倉穣司 (トランペット奏者) Webサイト

5 インターバル

楽譜「ウォーミングアップ」のC~D

ここでは、音の間隔が半音、全音~と徐々に広がっていきます。「4ロングトーン(半音の動き)」でも説明した「音域にかかわらず同じアンブッシュアで吹くこと(ダブルアンブッシュアにならないこと)」を実現するための訓練をさらに進めます。

音量は引き続き mp です。やはりメトロノームとチューナーを使用し、テンポと音程を正確に行います。

注意すべきことは、音の間が広がっていってもアンブッシュアを変えない、ということです。

半音の動きにくらべ音の間隔が広い分、特に下の音に行った時にアンブッシュアを変えることに頼っていたり、あるいは口の周辺の筋肉を緩めてしまう人がいます。これを極力出だしの音と同じ状態で下の音も吹くように心がけます。

トランペットにおける唇は、木管楽器でいうリードです。リードがずれたり動いたりしては、音がきちんと出ません。

舌は前述したとおり、基本的には高い位置(出だしの位置)のまま変えないイメージを持つことことが重要です。音程を変えるとき、現実には舌の移動が必要ですが、しかし、それを意識的に大きく動かし過ぎてはいけません。例えば、低い音を出すのに、舌を極端に低くして口の中を広げ過ぎてはいけません。ロートーンにおいても必ず舌を高い位置にすることが重要です。

運指や舌以外にも、体の何かが変化しなければ音は変わりません。音が下がったときに体にも何らかの変化が起こっているはずです。しかし、それを意識したり、またあらかじめ行ってはいけないのです。音を変えたいと思った時、音が変わるのに必要最低限の変化を体が自動的に行ってくれます。それを極力少しの動きで行うようにしたい、というのがこのパートの目的です。

半音であれば、こうしたことをあまり意識せずに行いやすいはずです。それを、音の間隔を徐々に広げながら、音の間が広くなっても半音の時と同じような変化でできるようになることが、ここでの目標です。あたかもずっと同じ音を吹いているかのような感じで吹けるようにしたいのです。

吹き方を変えないのと同時に、音色も音の上下にかかわらず、同じように保って吹くことが大切です。キーボードで音が変わっても、音のテンションや音色は変わらないのと同じように、演奏(音楽)では下に行ったから低い音の音色、高い音はまた別の音色という風にはならないようにしなければなりません。そのためにも、音域によって吹き方を変えないことが重要なのです。

なお、フレーズをワンブレスで吹き通せないときは、間でブレスを取って構いません。曲の中のブレスのようにテンポの中でブレスを取る必要はなく、息がなくなった所で一度中断して、必要なだけ時間をかけてブレスをして、またメトロノームに合わせて続きを始めます。

唇が効率よく振動しているときほど、よく響く綺麗な音になります。効率よくきれいな音が出せるようになるほど、ブレスが節約され、ワンブレスで吹ける長さが次第に長くなってきます。最終的にはこのフレーズもワンブレスでできる可能性があります。(現にできる人もいます。)効率よく音を出せているかどうかの、一つのバロメーターになります。

楽譜部分ををクリックすると拡大表示します。
2.インターバル 譜例
以下の楽譜は省略してあります。「楽譜「2.インターバル」のページを参照してください。